ケイコロールのテキスタイルは、たくさんの色や柄を重ね合わせて染められていることが特徴です。時代物の舞台衣裳制作に使われてきた型紙と、色糊と、駒ベラ(こまべら)を使って、ランダムな配置で、色の数だけ重ねて柄を置いて出来上がります。

いくつかの色と、それぞれの色の面積を山元桂子の感覚で構成した気持ちの良い、楽しいテキスタイルです。

テキスタイル

1/2

​Copyright © 2017 keikoroll. All Rights Reserved.